TOPICS
2015年02月28日

旭硝子 インナーウインド<mado2/まどまど®>が5年連続で
金賞を受賞

「ホームシアターファイル」誌の「ホームシアターグランプリ2015」 ハイエンド内窓部門において
<まどまど>が金賞を受賞しました。
尚、本賞は、2011年度から5年連続で受賞しています。

詳細はこちら

2015年02月20日

旭硝子 意匠性と遮熱性を兼ね備えたエコガラスの新色
「サンバランス®ブルーグレー」を販売開始

昨今の電力事情の影響による節電ニーズの高まりや環境負荷低減の観点から、
大型商業ビル等の建物に対する省エネ性能向上が求められており、
省エネ効果に優れたガラスの需要が高まっております。
また、エコガラスの普及に伴い、さらなるカラーバリエーションの追加を求める声を多く頂きました。

AGCではこれらのニーズに応えるため、「サンバランス®ブルーグレー」を新たに開発しました。
断熱・遮熱性能に加えて、意匠性も兼ね備えたエコガラスにより、ビルの省エネに貢献します。

※エコガラス
板硝子協会の会員である旭硝子㈱、日本板硝子㈱、セントラル硝子㈱の
3社が製造するLow-E複層ガラスの共通呼称。Low-E複層ガラスとは、
特殊な金属膜をコーティングしたガラス(Low-Eガラス)を使った複層ガラスのこと。
すぐれた断熱性能と遮熱性能で、ガラスからの熱の出入りを防ぎ、
暑い夏も、寒い冬もお部屋を快適に保ってくれます。

詳細はこちら

2015年02月03日

平成26年計分 住宅着工戸数 全体で減少

国土交通省は先月 30日、平成26年計分の住宅着工戸数を発表しました。

平成26年の新設住宅着工戸数は、持家(285,270戸/前年比 -19.6% 5年ぶりの減少)、
貸家(362,191戸/同 +1.7% 3年連続の増加)、分譲住宅(237,428戸/同 -10% 5年ぶりの減少)
となり、総戸数(892,261戸/同 -9.0%)で5年ぶりの減少となりました。

工法別では、プレハブは140,501戸(前年比 -4.0%)、
ツーバイ・フォーは111,503戸(前年比 -7.2%)で共に5年ぶりの減少となりました。

詳細はこちら

2015年02月03日

平成 26年 12月度 住宅着工戸数 全体で減少

国土交通省は先月 30日、12月度の住宅着工戸数を発表しました。
新設住宅着工戸数は 76,416戸(前年同月比 -14.7%)で、10ヶ月連続の減少。

利用関係別戸数で見ると、持家は 23,725戸(同 -25.5%)で、11ヶ月連続の減少。
貸家は 32,478戸(同 -8.9%)で、6ヶ月連続の減少。
分譲住宅は 19,606戸(同 -10.5%)で、2ヵ月連続の減少となりました。

また、地域で見ると首都圏は前年同月比で 10.4%減少、中部圏(同 -17.0%)、
近畿圏(同 -21.1%)、その他地域(同 -14.9%)で減少となりました。

建築工法別に見ると、プレハブは 13,125戸(同 -9.4%)で 2ヵ月連続の減少。
ツーバイフォーは、10,758戸(同 -4.0%)で 10ヶ月連続の減少となりました。

詳細はこちら

ページトップへ