「令和2年度 次世代建材支援事業」に防災ガラス窓(合わせガラス60mil以上)が補助対象に追加されました。2020.04.28

防災

「令和2年度 次世代建材支援事業」に防災ガラス窓(合わせガラス60mil以上)が補助対象に追加されました。

次世代建材支援事業とは、既存住宅の省エネルギー化を図るため、 一定の省エネルギー性能を有する高性能建材や潜熱蓄熱建材 、防災ガラス窓等を短工期で住みながら導入可能な建材を支援する事業です。
防災ガラス窓に用いるガラスは、JIS認証(JIS R 3205 )を取得した合わせガラス(防災安全ガラス)であり、且つ中間膜の厚さが60mil( 1.52 ㎜)以上のものになります。
本事業を活用して防災性と断熱性を合わせた防災安全ガラスへの窓改修をご検討してはいかがでしょうか。
詳細は、下記のサイトをご覧ください。

・『次世代建材支援事業』https://sii.or.jp/meti_material02/
・『防災安全ガラス(AGC)』https://asahiglassplaza.icata.net/iportal/
・『防災安全ガラス(板硝子協会)』http://www.itakyo.or.jp/disaster-safety-glass/index.html